男が涙袋を大きくするためには?3つの方法で「超デカ涙袋」になれる!

男のイケメンの条件で、パッチリ二重よりも重要視されるパーツをご存知でしょうか。

イケメンの条件は「大きな涙袋」です!

一重まぶたでも、目が小さくても、大きな涙袋さえあれば

「キリッとしてかっこいい!」「優しそうな目元!」

のイケメンになることができます。

 

涙袋欲しいですよね〜。

そこで、今回は男ができる涙袋を大きくする方法を3つご紹介します!

これであなたもイケメンの条件「大きな涙袋」を手に入れることができます。

是非とも最後までご覧ください!

 

大きな涙袋がイケメンの条件!

涙袋は目の下にある、ぷっくりと膨らんだ部分。眼輪筋という筋肉でできています。

涙袋があると、目元に陰影ができて目が大きく見えます。

さらに、可愛らしい、優しい、若々しいなどの印象を与えることができます。

一重まぶたで目が小さくても、イケメンの人っているじゃないですか。

そんな人たちは、必ずと言っても良いほど「大きな涙袋」を持っています。

 

つまり、イケメンになるために優先的に手に入れるべきは「大きな涙袋」なのです!

そんな憧れの大きな涙袋は今から手に入れることができます!

この記事ではその方法をご紹介します。

 

涙袋を大きくするためには3つの方法があります。

  1. トレーニング
  2. メイク
  3. 美容整形

それぞれのメリットとデメリットを徹底的に見ていきましょう!

 

1. 涙袋トレーニング

男が涙袋を大きくするトレーニング

涙袋を鍛えて大きくするためのトレーニングがあることをご存知でしょうか。

涙袋の元になる筋肉(眼輪筋)を鍛えることで、涙袋の大きさアップが期待できます。

 

涙袋トレーニングのメリットは、自分一人でできて、特にお金もかからない点。

最も手軽で人気が高い方法と言えるでしょう。

専用の書籍まであったりしますので、需要の高さが窺えます。

created by Rinker
学研プラス
¥1,210(2021/10/16 23:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに僕が過去にやっていた方法は

  1. 両手でピースサインを作る。
  2. 左右それぞれの手で、目頭に中指、目尻に人差し指を当てて押さえる。
  3. 目を細めるイメージで下まぶたを上げる

ステップ1〜3を繰り返し30回行います。

これを血行が良くなるお風呂に入っているときに一生懸命やっていました。

ただ結果は悲惨なものでして…。

 

正直オススメできない!涙袋トレーニング

お金もかからずに、努力だけで、大きな涙袋が手に入るトレーニング。

しかし、僕は全くオススメしていません。

理由は涙袋が大きくなるまでに時間がかかる上、本当に大きくなるのか分からないからです。

 

若くして涙袋が小さい人は眼輪筋が人よりも生まれつき弱い可能性が高いです。

そんな人が一生懸命にトレーニングをしたところで、見違えるほど涙袋を大きくするのは困難です。

僕自身も3ヶ月続けましたが、目に見えて涙袋が大きくなることはありませんでした。

 

もちろん、効果がある人もいるとは思います。

ただ、効果があるか分からないトレーニングに時間を割くのはあまりにも非効率的です。

 

涙袋トレーニングの恐ろしいリスク

涙袋トレーニングには人によって効果がある場合もあります。

しかし、思わぬリスクがあることをご存知でしょうか。

 

涙袋トレーニングの一番のリスクは「シワ」を作ってしまうことです!

顔の皮膚は非常にデリケート。

日頃のダメージは徐々に蓄積されていき、後々のトラブルになります。

余計に表情を作ったり、顔を触ったり、顔の筋肉を動かすのはNG!

そのことを分かっている美容整形の医者は、顔に余計なことを絶対にしないとか…。

 

つまり、涙袋トレーニングはシワを一生懸命に作っている可能性があるんです!

そう考えると、戦慄しませんか?

涙袋を大きくしたい!と考えるような美意識の高いメンズでしたら、いつまでも若くいたいと思っているはず。

若々しくカッコよくなるためのトレーニングが、将来のシワ作り運動になっているのはあまりにも悲惨です…。

 

以上、涙袋を大きくする1つ目の方法「涙袋トレーニング」でした。

涙袋トレーニングのメリット

  • お金がかからない
  • 自然に涙袋を大きくできる

 

 涙袋トレーニングのデメリット

  • 本当に効果があるか分からない
  • 時間がかかる
  • 将来の「シワ」を作っている可能性がある

気軽に挑戦できるのが魅力のトレーニングですが、

効果が不確実でリスクもあり、正直僕はオススメできません!

 

2. 涙袋メイク

男が涙袋を大きくするメイク

次にご紹介するメンズにオススメな涙袋を大きくする方法は「涙袋メイク」。

メイクで涙袋を大きく見せることができるんです!

難しそう、と思う方もいますが、実は割と簡単に涙袋を大きく見せることができます。

 

用意するものはアイシャドウだけでOK。

有名なものなら薬局やネット通販でも購入ができます。

女性が使うような普通のアイシャドウで構いません。

 

ただし、奇抜なものやラメがたくさん入っているようなものは避けましょう。

男の目元がラメラメしていると流石に「きもい」ですから。

 

ちなみに僕のオススメはこれ!

ラメも入っていないので男性でも問題なく使えます。

数種類ありますが、男性は002マンゴーショコラか003ベリーショコラが使いやすいです。

これならシンプルなカラーパレットで上まぶたにも使うことができます。

大きな目に見せたり、切れ長の目を再現できたりと汎用性が高い。

 

一度買うと半年以上持つので、コスパも良好です。

とりあえず買っておくと安心ですよ!

 

メイクでデカ涙袋!超簡単2ステップ

涙袋を大きく見せるアイシャドウの使い方は、2ステップで完了です。

 

  1. 肌より少し濃いブラウンカラーを涙袋下に塗る
  2. 肌より少し明るめのベージュカラーを涙袋に塗る

 

濃いブラウンで影を作って涙袋に立体感を出すという原理です。

つまり、1と2の色の差があるほど涙袋は大きく見えるのです。

男性の場合は、ナチュラルさが求められます。1と2の色の差を大きくしすぎないように気をつけましょう。

慣れてくると、日によって調節がでるようになり、ファッションのように楽しめるようになりますよ。

 

涙袋メイクの限界とダルさ

自由自在に涙袋を作ることができる涙袋メイク。

ただ、メイクはあくまで涙袋を描いただけなので「平面」です。

少しだけボリュームをアップさせるのは簡単ですが、メイク感を出さず大きな涙袋を作るのは困難です。

バチバチの涙袋を作りたい!と言う人には向かないでしょう。

 

また、毎朝メイクするのが正直だるいです。

慣れれば両目で5分もかからない簡単なメイクですが、毎朝毎朝となると結構めんどくさい。

かと言って、メイクをしない日だと、すっぴんの冴えない顔に悲しくなります。

 

以上が、涙袋メイクのメリットとデメリットでした。

涙袋メイクのメリット

  • 自分好みの涙袋を追求できる
  • 即効性がある
  • コスパが良い

 

涙袋メイクのデメリット

  • 毎日続ける必要がある
  • メイク感を出さずに大きな涙袋を作るのは困難
  • すっぴんに絶望する

自由度が高く、ハマると楽しい涙袋メイク。

毎日の時間がかかってしまうのが難点ですが、是非とも一度は試していただきたい方法です。

 

3. 涙袋ヒアルロン酸注射

男の涙袋を大きくするヒアルロン酸注射

涙袋を大きくする方法としてトレーニングとメイクを紹介してきました。

しかし、僕が一番オススメしたいのはヒアルロン酸注射です。

涙袋にヒアルロン酸を注射して、涙袋をぷっくりとさせるプチ整形。

女性ではかなりポピュラーなプチ整形です。

 

ヒアルロン酸注射の特徴は、即効性抜群でケアも簡単なところ。

注射後、すぐに涙袋はぷっくりと大きくなります、

しかも立体的な涙袋ができるので、メイクと比べて自然です。

毎朝時間をかける必要もないので、実は男性こそヒアルロン酸と相性が良いと思っています。

 

ヒアルロン酸の量を調節することで、涙袋の大きさも自由自在。

ナチュラルな涙袋、バチバチな大きな涙袋どちらも手に入れることができます。

ナチュラルイケメンから、可愛い系のイケメンまで、あなたの理想に近づけることができますよ!

 

また、整形と言うと痛いイメージがあるかもしれません。

しかし、最近のプチ整形は限界まで細い注射針を使っているので、痛みはほとんどありません。

整形にありがちなダウンタイム(術後の腫れ、傷跡)もないので、

学校や仕事に行きながらでも、安心して受けることができます。

 

涙袋ヒアルロン酸はコストがかかる

ヒアルロン酸注射の唯一のデメリットはコストがかかってしまうと言う点。

ヒアルロン酸は徐々に体に吸収されてしまうため、永続的な効果はありません。

大体、半年に1回ペースで受ける必要があります。

 

と言っても、大手のクリニックを利用すると意外と安く受けることができます。

しかも、メンズは注入するヒアルロン酸の量が少なくてよいことが多いです。

そのため、女性よりも費用が安く済むことも多いんですよ。

 

オススメ美容整形クリニック

湘南美容クリニック

定期的に通わなくてはならないことが弱点のヒアルロン酸注射。

そのため「コスト」と「通いやすさ」がクリニックを選ぶ際に大切になります。

 

僕のオススメは「湘南美容クリニック(SBC)」です。いつもお世話になっています。

日本で最大手のクリニックなので、技術も高く、コストパフォーマンスも良好。

コストは1回あたり2万円前後です。意外と安いですよね!

しかも、湘南美容クリニックは男性の患者さんも多いので恥ずかしさもありません。

 

涙袋にヒアルロン酸注射を考えている人は是非とも無料カウンセリングに挑戦してみてください!

→湘南美容クリニックのWEB予約はこちら

また、コールセンターは結構な確率で待たされるのでWEB予約がオススメです。

 

以上が、涙袋のヒアルロン酸注射のメリットとデメリットでした。

涙袋ヒアルロン酸のメリット

  • 即効性が抜群
  • 立体的な「本物」の涙袋を手に入れられる
  • 涙袋の大きさも自由自在

 

涙袋ヒアルロン酸のデメリット

  • お金がかかる
  • 定期的に通わなくてはならない

 

お金がかかるというデメリットもありますが、一番はヒアルロン酸注射ですね。

手に入る涙袋のクオリティが高い点とメンテナンスをしなくて良い点。

めんどくさがりの男性にこそ試して欲しいです。

涙袋があるだけで、自分の顔に自信が持てるようになりますし、何よりモテます(笑)

 

まとめ:涙袋を大きくする方法

男性がモテる涙袋を手に入れる3つの方法のご紹介でした。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、

それらを意識した上で挑戦してもらえればと思います。

 

僕はマッサージの選択肢は無いですね〜。

効果があるか分からない上、将来のシワ作り運動と考えると怖すぎです。

 

即効性があり確実に涙袋を手に入れられる、メイクかヒアルロン酸がオススメです。

個人的には多少お金をかけてでもヒアルロン酸注射を受けるのがオススメです。

常にぷっくりとした可愛い涙袋があるのは、鏡を見るたび嬉しいですし、やっぱりモテます。

 

ベストは少しナチュラルにヒアルロン酸を入れてもらい、涙袋を強調したい日はメイク。

これがどんな人にもオススメできる、最強の方法です。

あなたも大きな涙袋を手に入れて、イケメンを目指しましょう!

→湘南美容クリニックのWEB予約はこちら