舌ピアスは痛いの?痛みを減らす方法と用意すべきアイテムを紹介

「舌ピアス」ってどう思いますか?

普段は隠れているけど、いざとなったら見せられる「舌ピアス」はセクシーで可愛いですよね!

 

しかし、心配なのが「痛み」です。

舌に穴を開けるなんて考えただけで痛そうで、なかなか手を出せない人も多いのではないでしょうか。

僕もずっと舌ピアスに興味があったのですが、痛みが心配で一歩が踏み出せずにいました。

それでも結局、開けたい気持ちが強すぎて開けてまいりました。

 

今回はそんな舌ピアスを開けた経験から、

  • ピアッシングの痛み
  • ピアッシング後の痛み
  • 痛みを軽減する方法

まで、舌ピアスの痛みについて徹底的に解説していきます。

「舌ピアスに興味があるけど、痛いのが怖い…」という人は最後まで見ていってくださいね!

 

舌ピアス「センター・タン」とは?

一言で「舌ピアス」と言っても、舌ピアスには穴を開ける部分によって名前が変わります。

  • 舌の中央部に開ける「センター・タン」
  • 舌の先端、端に開ける「タン・リム」
  • 舌の裏側の筋に開ける「タン・ウエブ」

とバリエーションがあります。それぞれの部位によって痛みも変わってきます。

 

舌ピアスセンタータンの解説

今回、僕が開けたのは舌の中央部に開ける「センター・タン」です。

舌ピアスの中では最もポピュラーな部分になります。

 

舌ピアスを開けるには、プロにお願いする、セルフで開けるという選択肢があります。

しかし、安全性、衛生面を考えるとプロにお願いするのが一番。

美容外科や皮膚科で開けてもらうこともできますが、

可能ならピアッシングに経験豊富な「ピアススタジオ」にお願いするのがベストです。

 

舌ピアスを開けた時の痛みは?

ピアススタジオ エクストリームロゴ

僕は原宿にあるピアススタジオ「エクストリーム」にて舌ピアスをお願いしました。

以前にも耳のピアッシングをお願いしたこともあり、

手際の良さ、技術の高さ、そしてピアッサーのお姉さんの綺麗さに、すっかり魅了されたからです。

 

簡単に当日の流れを解説すると

  1. マウスウォッシュで口内を消毒
  2. 黒ペンで舌の裏表にマーキングして鏡で確認
  3. ガーゼで舌を挟みニードルで穴を開ける

手際が抜群に良いので、ニードルが貫通したと思ったら舌にピアスが付いていました。

一体どうなっているんだ。

施術時間は準備を含めて5分程度。あっという間に終わります。

 

舌ピアスの痛みは?

舌に穴を開けるって、ものすごく痛そうですよね。

僕は痛みに弱いので本当に心配でした。

実際に開けてみると、全然痛くないんです。

冗談とかではなく、本当に痛くなかった。

ニードルが舌に刺さって「チクッ」とした痛みがありますが、それで終わり。

単純な比較は出来ませんが、耳たぶの方が痛かったですね。

と言うか、インフルエンザのワクチンの方が痛いです(笑)

 

舌ピアスが痛くない理由

舌ピアスが痛くない理由を解説

舌ピアスは「痛くない」と言うのが僕の結論ですが、それだけでは心配だと思います。

なぜ、舌ピアスが痛くないのか?理由を3つ解説します。

 

1. 舌は柔らかいから

舌は非常に柔らかく、柔軟な部位です。

ピアスでは基本的に硬い部位ほど、痛みを強く感じます。

それだけ抵抗があると言うことですから。実際、軟骨はかなり痛いですよね…。

舌は実は痛みが少ない部位なのです。

舌をリラックスさせて、柔らかい状態を保つと、より一層痛みを感じませんよ!

 

2. センター・タンだから

センター・タンは舌ピアスの中でも最も痛みが少ない部位と言われています。

理由は舌は中央部を避けるように神経が通っているからです。

センター・タンは神経を避けるようにピアッシングするので、痛みを感じにくいんですね。

 

逆に神経に当たってしまう、舌の先端や端に開けるタン・リムは結構痛いという意見が多いですね。

ともかく、初めての舌ピアスは痛みの少ないセンター・タンで決まりです!

 

3. ピアッサーの技術が高かったから

ピアッサーの技術の高さも痛みが少なかった理由です。

舌にニードルを通すのですから、ゆっくりニードルが通るとそれだけ痛みを感じる時間は長いですよね。

熟練のピアッサーは、物凄い手際で「ニードル貫通→舌ピアス装着」までやります。

僕の場合もおそらく2〜3秒で完了しました。

それだけ短い時間だと、痛みを感じるまでもありませんね。

 

中にはセルフで開けたい!という人もいると思いますが、推奨はできません。

セルフで開けた人の体験談を聞くとロクなことを聞きません。

  • 血がダバダバ出た←実際はほぼ出ない
  • めちゃくちゃ痛かった←実際は全然痛くない
  • 腫れがいつまでも引かない←4日目には引き始める

プロにやってもらうのが痛みも少なく、トラブルにも対応してもらえるので一番です。

ピアスホールは一生ものですから、少しくらい贅沢しましょう!

 

舌ピアスは痛くて食事ができない?

舌ピアスを開けると痛くて食事ができないのか

舌ピアスが大変なのは、開けた後だとよく聞きます。

  • 1週間ジンジンと痛む…
  • 3日は固形物が痛くて食べられない
  • 全然食べられなくて3キロ痩せた

など、痛みで食事が難しいという、意見を目にします。

 

僕の場合は、舌ピアスを開けた後の痛みも大したことがありませんでした。

もちろん全く痛くないわけではありません。

少しジンジンと傷んだり、食べ物によっては多少浸みたりもしますが、耐えられない痛みではありません。

例えるなら、口内炎の痛みです。

口内炎って確かに痛いけど、食事はできるじゃないですか。そんな感じです。

 

痛みよりも腫れで食事が難しい

舌ピアスを開けても食事で痛みを感じることはありませんでした。

しかし、舌の腫れで食事が難しかったのは事実です。

舌が平常時の2.5倍ほどに腫れて、咀嚼が困難でした。

 

ただ、それもピアッシング当日の話で、2日目以降は意外と普通に食事ができていました。

いつもよりも食事に時間がかかってしまいますが、食べられないことはありません。

ちなみに僕は、当日こそ流動食的なメニューを食べていましたが、2日目には蕎麦、3日目には寿司を食べてました。

 

ここまで痛みがなく食事も行えたのは、ピアススタジオでクオリティの高い施術を受けたからだと感じています。

実際「痛い痛い!」と騒いでいる人は結構セルフだったり…。

 

痛みを減らすアイテム

僕が舌ピアスで痛みが気にならなかったのは、事前の準備を行っていたのもポイントです。

ピアッシング前に痛みを軽減するアイテムを事前に買い込んでおきました。

色々と買いましたが、実際に効果のあった用意すべきアイテムを紹介します。

 

ピアッシング当日は緊張からの緩和で、結構ぐったりします。

買い物に行く元気がなくなることもあるので、あらかじめ買っておくことをオススメしますよ。

 

食べやすい食事

痛みや腫れは人それぞれですので、楽に食べられる流動食は確保しておきましょう。

  • ウィダインゼリー
  • レトルトのおかゆ
  • スープ

これらを用意しておくと安心です。

 

また、舌が腫れるので、冷たいものを食べると気持ちがいいです。

冷却することで腫れを引かせて、痛み軽減も期待できます。

僕のオススメは「アイスボックス」。

created by Rinker
デリカ マルシェ(Delica Marche)
¥3,880(2021/08/03 23:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

砕かれた小さなアイスです。

舌の上に乗せて溶かしてもよし、噛む練習をするのもよし。

痛みも軽減されますし、すっきりします。

 

マウスウォッシュ

created by Rinker
イソジン
¥2,347(2021/08/03 23:58:52時点 Amazon調べ-詳細)

ピアスホールが安定するまでは定期的に口内を消毒する必要があります。

1日5回程度、食後や喫煙後に消毒をしましょう。

刺激の少ないノンアルコールタイプのマウスウォッシュやイソジンが必要です。

刺激の強いものだと、消毒のたびに舌がヒリヒリして痛いです。

 

オススメは無難にイソジンですね。

殺菌力も申し分ないですし、子供も使えるようにと舌がヒリヒリしにくいので使いやすいです。

しばらくお付き合いすることになるので、大容量のものを買った方がコスパ的にもお得。

出先でも使えるように小さいタイプも買っておくと便利ですよ。

 

鎮痛消炎剤

舌の腫れがあまりにも酷い場合は鎮痛消炎剤を内服しましょう。

腫れを抑えることができますし、痛みも軽減してくれます。

オススメはロキソニン。ご自宅に頭痛薬や生理痛薬があれば、そちらでも構いません。

ない場合は、念のために用意しておきましょう。

 

口テープ

これは僕のオリジナルですが、口テープもオススメです。

舌ピアスで痛みを感じるタイミングの一つに起床直後があります。

口内が乾燥しているため、朝一番の飲食が傷口に浸みるからです。

 

また、人間の唾液には自然な殺菌作用があります。

寝ている間に口内が乾燥すると、雑菌が繁殖してホールが安定するまでに時間がかかる可能性があります。

 

口テープはその名の通り、寝る前に口に貼るテープのこと。

鼻呼吸を促進し、口内の乾燥を防ぐことができます。

起床後の痛み減らしたい人、早くホールを完成させたい人は、用意してみてください。

 

まとめ:舌ピアスの痛みについて

以上、舌ピアスの痛みについてでした。

舌に穴を開けるなんて想像しただけでも痛そうですが、実際のところは大したことがありません。

特にセンタータンの痛みは、本当にわずかなものですし、ピアッシング後も口内炎程度の痛みです。

こんなにも痛くないんだったら、さっさとやっておけば良かった…と後悔するレベルでした。

 

ポイントは、

  • 経験豊かなプロに任せること
  • 事前に痛みを軽減するアイテムを買っておくこと

これに尽きます。

あなたも痛みを極力減らして、舌ピアスライフを送りましょう!